ボリビアの虎ホセ、38歳。競売を主戦場とし、人が死んでた事故物件や、立替不可物件、100万円の一軒家などのセコイ物件を専門に扱う素人投資家。モットーは「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」


by sakenosei0041

ホセの所有物件(3)

三番目に取得したのは、一、二軒目の物件に隣接した市にある一軒家。やはり競売です。これは事故物件でした。また別の機会に書きたいと思いますが、僕はある理由で事故物件は積極的に狙っています。この物件も
•89年築
•80平米
•4DK。車庫付
という条件で、程度も結構よかったのですが、151万円と、かなり安い価格で落札することができました。ちなみに次点は100万円くらいだったと思います。

どのような事故であったかというと、競売資料によると、以前一人で暮らしていた持ち主が、競売の調査官が訪れたときに宅内で病死しており、すでに死亡から数ヶ月が経過していた、というような内容です。

落札後、まず開錠し中に入る。相当びびりました。空家に入るだけでも結構異様な雰囲気があって緊張するのに、これはいわくつきの物件。もちろんすでに遺体は警察に運び出されてはいるものの、当時の状況を示す形跡はいたるところにあり、室内は残地物でいっぱいです。どきどきしながら各部屋を回り窓を開けて周り、一階に下りたところで二階から突然ものおとがしました。しかも動いている。ものすごく怖かったです。恐る恐る二階への階段を上がっていくと目の前に突然猫が飛び出した。開け放った窓から入ってきたのでした。その猫を何とかベランダから外に追い出して以降現在まで、窓を開けるときは必ず網戸を閉めるようにしています。

その後お払いなどをし、賃貸募集に出しました。この物件も実はまだ空き家です。設定家賃は46000円。周囲の相場に比べると相当安い設定なのですがなかなか入居者決まらず。事故の件は不動産屋さんにはもちろん話していますが、病死なので基本的には入居希望者には伝えていないようです。しかし何か微妙な空気があるのかもしれません。

リフォーム等の諸費用は45万円。入居時の利回りは28%です。想定空室率は35%。
これも最近募集をてこ入れしました。しばらく様子を見たいと思っています。
[PR]
by sakenosei0041 | 2006-12-15 17:42 | 所有物件