ボリビアの虎ホセ、38歳。競売を主戦場とし、人が死んでた事故物件や、立替不可物件、100万円の一軒家などのセコイ物件を専門に扱う素人投資家。モットーは「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」


by sakenosei0041

事故物件賃貸活動、その後

先日、入居直前であえなくキャンセルになってしまった事故物件、また申し込みがありました。今度は生活保護を受けている方です。よく聞いてみると、生活保護は来月で打ち切られる、とのこと。仕事が見つかったということなのでしょうか。詳しい事情はわからないものの、不動産屋の「今まではアパートに住んでいたのだが、滞納は一度もない」という言葉にかけて、OKしました。
無事契約にいたるかは予断を許しませんが、契約できた場合も家賃滞納のリスクはかなり高く、受け入れた決断が良であったかは自信はありません。ただ、判断の要素の中に「一度滞納を経験するのも悪くないか」というのが含まれていたのも事実。何事も経験です。
先日は、初めて借地権付一軒家を落札しました。借地権の交渉は一筋縄ではいきませんでしたが、常識的な範囲で落ち着き、一応懸案事項はすべて解決。詳細はまた次の機会に。
[PR]
by sakenosei0041 | 2007-01-19 17:34 | 所有物件